So-net無料ブログ作成
高台家の人々 漫画 月刊 YOU 画像.png

高台家の人々 6巻 36章 ネタバレ 感想 You 2016 6月号

遂に、光正とゴールインした木絵。

木絵は今まで以上に光正に愛情を注いで
早く高台家の長男光正にふさわしい
嫁になろうと必死に頑張っていた。

ところが木絵が考えてた以上に
上流社会の高台家は甘くない。

ある日の高台家での朝食

木絵は嫁として朝食を準備しようとするが・・・

光正から「言ってあるから 大丈夫」

光正に言われたもの意味がわからない木絵。

そんな木絵がまたもや妄想スタンバイ・・・

光正が止めなければどうなっていたことやら。

木絵がやらかしそうになった妄想とは?

You 最新刊 2016年6月号を読みましたので
早速36章のネタバレをお届けします。




スポンサードリンク






高台家の人々 6巻 36章 ネタバレ You 2016 6月号

高台家西棟の英国風の邸宅にて
すがすがしい朝を迎える木絵。

木絵『・・あれ?』

ベッドから起き上がった木絵は
隣に寝ている光正がいないことに気付きます。


木絵(でも もしかして
   少し早まった・・・かもしれない)

木絵『み・・・光正さん?』


寝言のように光正を呼ぶ木絵。


木絵(この私が・・・
   こんな部屋で 
   目覚めるなんて
   はなはだしくて浮いてるのは
   自分でもよくわかる)


木絵『どーこー?』

広々とした寝室を探し回る木絵。

木絵はバルコニーの椅子に座って
外の景色を眺めてる光正を見つける。


木絵(いた・・・
   そういえば以前光正さんが)

光正『苦手なことと 言えば
   僕は朝が苦手でダメなんだ 』


木絵『そうなの? 意外・・・』


木絵(と 言っていたことが
   あったけど)

木絵(ここまで ダメ人間ぽくなるとは 思わなかった
   目が覚めてから20分くらい 顔も体も完全に停止してる感じ)


木絵(頭の中にいろんなものが入り込んで来るから 
   きっと普通の人間より何倍も疲れるんだろう)


木絵『光正さん 
   早いね コーヒー
   入れようか?」』


光正『ん――――
   あ―――― んにゃ・・・』

寝ぼけている光正はかわいい声を出す。


木絵(うぷぷ・・・ 
   んにゃって・・・かわいい)


木絵(何も聞かないこの時間は
   とても大切なのかもしれない
   そっとしておいてあげることにしよう)

光正を思いやる木絵。


しばらくして光正がシュッとしたスーツ姿で部屋に入ってきた


木絵(あ いつものシュッとした光正さんになった)


木絵『あれ? 今日 仕事?
   日曜まで休みでしょ?』


光正『うん 実は今朝早く
   部長から連絡があったんだ
   ニューヨークで何か
   トラブルがあったみたいで』


木絵『えっそうなの? 
   すぐ言ってくれればいいのに』


光正『夕べ旅行から帰ったばかりで
   疲れてるだろうし 
   木絵はゆっくり休んでていいよ』


木絵『え――そんな・・・』


木絵(いくら何でもしょっぱなから
   夫が仕事なのに寝てるわけにはいかないよ)


木絵は妻らしい言葉をつぶやきながら
リビングのドアを開けると・・・


木絵(ひゃ――― 
   朝からまぶしすぎる)


木絵『おはよう そうかみんな お仕事ね』


茂子『新婚なのに 帰るなり仕事なんて
   断ればいいのに」』


光正『まぁそうも いかないんだよ』


木絵『あの 朝ごはんは?』


光正『言ってあるから大丈夫』


木絵( へ?  )

てっきり自分が朝食を作ると
思っていた木絵は様子が理解できなかった。


そこへ高台家のお手伝いさんが
朝食をのせてやってきた。


木絵『あ ど・・・どうも 私がやります』


お手伝いさん

『とんでもございません
 どうぞ お席でお待ち下さい
 若奥様のご朝食もすぐにご用意いたします』


わっ・・・

若奥様・・・!!


若奥様って 若奥様っていったら

裸にエプロン!!

光正 「 冷や汗 」

   
茂子( え? 何で? どーしてよ?)

   
和正(いや いや いや 待て 待て 待て))

どうして そうなるのって感じで
あきれかえる三人。


(おかえり[黒ハート]


すでに木絵は裸にエプロン(笑)

妄想スタンバイ!!


光正『木絵』


慌てて呼び止める光正


光正『今日は買い物に行く
   約束だったのにごめん』

木絵が妄想しないように
光正は会話をすり替える。


木絵『ううん そんなこと』


光正『なるべく早く帰るよ』


見て見ぬふりで朝食を食べる茂子。

そんな中 お手伝いさんが木絵の朝食を持ってくる。


木絵(それにしてもこの食事 
   こんなぜいたくなことはないんだろうけど
   落ち着かなくて全く味がしない・・・)


朝食を食べ終えた木絵のお皿を
お手伝いさんが片付けようとするが・・・


木絵『あ 片付けは自分でやります」』


お手伝いさん

『とんでもございません
 私の仕事ですから』


木絵『あ でも手伝うぐらい・・・』


お手伝いさん

『いいえ この食器は取り扱い方が
 決まっておりますので』


木絵『でも・・・ なんか
   できることがあれば』


そんな二人のやり取りを聞いていた由布子。


由布子はたまりかねて木絵に口を開きます。


由布子『木絵さん』


木絵『あ はい』


由布子『うちで働いてもらっている人は
    みんなプロとしての誇りを持って
    仕事をしてる人ばかりなの
    信頼して任せることが
    彼らへの一番の敬意なんです』

由布子『あなたのお育ちを考えると
    すぐに慣れることは難しいでしょうけど
    高台家の嫁として自然に振る舞えるようになさい』


木絵『あ・・・でも 
   それじゃ私は何も
   やることがありません』


由布子『馬鹿おっしゃい
    嫁修業はこれからが
    本番だと言ったでしょう』

相変わらず由布子さん、木絵が嫁になってからも
容赦なくビシバシとしごきそうですね。

まだ木絵が独身だった頃、一週間休みなしの
花嫁修業に励んでいた姿を思い出します(笑)

木絵が由布子に連れられて
茶道のお稽古に行った時があるんですね。

それで木絵、足がシビれ過ぎて
立った瞬間にすっ転んだんですよ。

まぁ~そこまでは普通の人ですよね。

ところが、普通でないのが木絵。

なんと、木絵はお家元をつぶしてしまい
由布子はあきれ返っていました(笑い)

木絵がすっ転んだ3巻17章ネタバレはコチラ

次回高台家の人々37章はこちらから



スポンサードリンク







高台家の人々 6巻 36章 感想 You 2016 6月号

高台家の人々の6巻発売日は未定ですが
6巻は36章からスタート!

You 最新刊 2016年6月号を
読みましたので感想をお届けします。

5巻35章の結婚式当日でも
やらかしてしまった木絵には大笑いしました。

木絵が結婚式でやらかした5巻35章のネタバレはコチラ

5巻35章でハラハラさせてくれた木絵♪

そんな木絵も6巻36章ではすっかり光正の
お嫁さんらしくなってましたね(笑)

それに光正に対する思いやりも
心優しい木絵の性格が出てました。

髪は、ぼさぼさでパジャマ姿のまま
あぐらをかいてボーっとしていた光正。

木絵はそんな光正を見た時
ダメ人間を想像してしまいましたが
すぐに頭の中を切り替えてました。

光正さんは普段から聞きたくもない
人の嫌な面の心の声がいっぱい入ってくる。

だからその分人より倍以上疲れるんだわ。
朝のこの時間はそっとしておいてあげることにしよう。

木絵、すっごく思いやりありますね。

新婚なら一分一秒でも夫の光正と
一緒に居て触れ合いたいはずなのに。

木絵は自分の気持ちや欲望を抑えて
夫である光正の心と体を大切に考えてるんです。

でも、木絵 欲求不満なのか?

刺激的な言葉が耳に入ってくると・・・

すぐにHな妄想をしてしまいます。

過去にも邪な妄想をした木絵が
僧侶の法力で一撃でノックアウト(笑い)


木絵が邪な妄想をした4巻22章ネタバレはコチラ


そして、木絵はこの36章でも・・・ムフフフ

おいおいおい 木絵ちゃん ちょっと待て!!
ツッコミたくなるような場面がありました。

お手伝いさんが光正たちに
朝食を持ってきた場面。


木絵は嫁である自分の仕事だと思って
お皿に乗った料理を運ぼうとします。


平凡なサラリーマン家庭に育った
木絵にしてみれば当然のことですよね?

嫁が甘えて何もしないわけいかない。

木絵の率先して動こうとするところは
むしろ褒めるべき行動だと思います。

優しい両親や兄などに囲まれて育ってきた
家庭的な木絵の面がよく出てましたね。

以前、光正が木絵の実家に
結婚を許してもらう為に挨拶に訪れた時も
爆笑場面が多数ありましたね。

光正のことを褒めまくっていた木絵を
お母さんたちが大げさな木絵ちゃんねー

と、光正のことをあなどっていたために
すき焼きのお肉をケチってたんですね。

それが それが 光正に対面した瞬間
お母さんと義姉が心の中で呟くんです。

しまった――

一番高い肉にしておけばよかった――

お義母さん どうするのよ、お肉!!

二人が心の中で責任のなすり合い(笑)

4巻25章の肉事件のネタバレ感想はコチラ

まぁ~こんな肉事件は間違っても
高台家には起こらないですよね。

そんな木絵が、頑張って家事をしようとしたんですが
上流社会の高台家の嫁としてはNGなんです。

木絵は後からに由布子に教わりますが
この場面では理解出来てないわけで
席にも座らずに立ったままだった。

そんな木絵にお手伝いさんが言うんです。

若奥様のご朝食もすぐにご用意いたしますので
どうぞお席に座ってお待ちください。


普通なら若奥様という響きに
照れてしまうだけで終わるところ。


ところが木絵は違うんですね。


若奥様っていったら・・・


↓↓


裸にエプロン!!


すでに頭の中は・・・?


裸にエプロン姿の木絵が描かれていたんです。


何で、裸にエプロンやねん!!

おもわず大声で突っ込みたくなる場面でしたね(笑)


途中で光正が気転をきかして
話題を変えなかったら・・・


どうなっていたことか?


木絵ちゃん 恥ずかし過ぎる――


て 思う反面この後の妄想の続き・・・

読者のみなさんも興味深々で知りたかったのでは・・・(笑)

無論、私もそう――ですけど(笑)

ちょっと欲求不満ぎみの若奥様木絵ちゃん
これから先が思いやられますね。

次回高台家の人々37章はこちらから

そんな高台家の人々も最新月刊YOUにて38章が掲載されました。

高台家の人々 最新話 38章はこちらからご覧頂けます。

高台家の人々 最新話 38章では茂子が浩平に
テレパスを打ち明ける決心!!

そのままの勢いで告白するかと思いきやーー。

茂子の告白は次回39章になってしまいました[右斜め下]


それぞれがテレパスの壁を乗り越えて結ばれるまで
まだまだ完結しそうにない高台家の人々漫画。

いつ読んでも飽きない高台家の人々漫画は
無料で試し読みすることが出来ますので
お気軽に実感してお楽しみくださいね(^◇^)

高台家の人々を無料試し読みする

高台家の人々ファンブログまとめページはこちら



スポンサードリンク






nice!(1) 
共通テーマ:コミック

nice! 1

高台家の人々 目次ページ.jpg
画像の説明文を入れてください
画像の説明文を入れてください
画像の説明文を入れてください
画像の説明文を入れてください
画像の説明文を入れてください
画像の説明文を入れてください
画像の説明文を入れてください
画像の説明文を入れてください
画像の説明文を入れてください
画像の説明文を入れてください

スポンサー広告

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。