So-net無料ブログ作成
高台家の人々 漫画 月刊 YOU 画像.png

高台家の人々 映画 評判 評価できない4つの理由をレビュー!?

高台家の人々実写映画の中で
評価ができない4つの理由を解説レビュー(#^^#)

あらすじネタバレも含めて原作漫画と比較しながら
最後にみんなの感想評価もまとめてみました。






スポンサードリンク





実写映画高台家の人々で評価できない理由は
大きく分けて下記の4つの通りです。

1 木絵が脳内をシャットアウトした。

2 木絵が光正を置いて結婚式から逃走した。

3 実写映画なのに木絵の花嫁修業がなかった。

4 キャスト ヨシマサの活躍が描かれてなかった。

ではなぜ そう思ったのか?

映画と原作漫画を比較しながら
4つの理由について詳細にレビューさせて頂きます。

木絵の脳内シャットアウトが評価できない理由をレビュー!?

高台家の人々映画を初日に鑑賞しましたが
映画でこのシーンが飛び出してきた時は
正直『何 これ!?』って思いましたね。

せっかく妄想シーンを楽しんでいたのに
こちらの方までシャットアウトしたい
気持ちでしたよp(´⌒`。Q)グスン

おそらく 私だけじゃなくて原作漫画
映画ファンの方たちも映画のシーンの中で
評価できないワーストNO1かNO2だったでしょう。

ではなぜ 私が 木絵の脳内シャットアウトを
評価できない理由に上げたのか?

◆木絵の病み具合がひどすぎて別人を見てるようだったから。

木絵が映画の中で脳内シャットアウトをするまでの
簡単な感想とネタバレを入れながら解説しますね。

高台家の人々の映画でこのシーンが
描かれるきっかけとなったのは?

光正が木絵に打ち明けたテレパスです。

木絵は光正と出逢い 交際してからも
光正のテレパスを疑っていました。

だから 光正からテレパスを打ち明けられた時
木絵は 意外にも冷静だったんです。

ところが 木絵は日増しにテレパスに対する
恐怖心が芽生えて育っていきます。

きっかけは・・・?

漫画とは違う謎の妖精白ヒゲのおじさん。

3日ぶりにお通じが出た木絵に
謎の妖精が 余計なことを言うんですね。

謎の妖精『あんなことも こんなことも
     ぜーんぶ ばれちゃうよ』

ようするに 女性にとって
恥かしいお通じのことを差してる。

さすがに木絵自身も
こんなところまで考えてませんでした。

だから 木絵はテレパスについて
深く悩むようになったわけです。

そして 木絵の頭の中に出て来たのが・・・?

大樹と大麦の映像を映し出す
脳内シャットアウトだったわけです。

原作漫画高台家の人々のファンでもある
私からしたら この映画のシーンは評価出来ません。

映画での木絵の性格が暗すぎて
まるで 木絵が別人のようでした。

漫画の木絵は落ち込みも早いが
その分 立ち直りも早い。

根本的に明るくて信念も強い性格です。

ここで誤解のないよう漫画の木絵の
性格をネタバレ解説します。

◆高台家の人々漫画 木絵の性格は!?

映画での木絵の性格と比較できる
光正のテレパス告白後の木絵の心境と変化が
よく分かる漫画の場面からレビュー解説しますね。

木絵が光正からテレパスを
打ち明けられたのは 5巻32章です。

木絵は光正のテレパスに薄々気付いていたもの
その動揺ぶりは尋常じゃなかった。

木絵(恥かしくて 死んでしまう。
   早く一人になりたい
   一人になって考えたい)

とにかく木絵は その場から
立ち去りたい一心でした。

木絵の複雑な心境が分かる光正は
プロポーズの返事も即答を望まず
木絵をタクシーに乗せて帰宅します。

このように漫画の木絵の性格は
とてもシャイで真面目。

光正のことを真剣に思うがゆえに
次の33章で一人自宅で考えて悩みます。

当然、悩みの解決方法は妄想なんですが
テレパスに対する答えは見つからない。

結局、ホリーや浅野さん、脇田課長などなど。

嫌いな人間たちをガラパゴス諸島に左遷。

イグアナに変身させたりして
気分を晴らし 家でゴロゴロしてる(笑)

気を取り戻した木絵は
答えが見つからない理由に到達します。

木絵は自分中心に考えていたからと
謙虚な気持ちになって光正を思いやり
光正のテレパスの苦悩に向き合うんですね。

そして 35章で木絵は光正と結婚。

月刊 You 36~37章で 高台家の若奥様として
由布子にしごかれ奮闘中です(#^^#)

このように漫画の木絵はテレパスで
悩むといっても たったの3日間だけ(笑)

その後は悩んでいた姿がウソのように
開き直って光正とうまくやっていってます。

映画の木絵のように何日も悩んだあげく
脳内をシャットアウト。

次のシーンでの光正との結婚式に
逃走するような木絵ではありません。

この結婚式の逃走シーンもダメで
次のところで詳細にレビューします。

木絵がテレパスに激しく動揺する5巻32章ネタバレはこちら
木絵がテレパスを受け入れた5巻33章ネタバレはこちら

木絵の結婚式逃走が評価できない理由をレビュー!?

先にレビューさせて頂いた脳内シャットアウトも
ビックリしましたが まさかの結婚式逃走シーンには
驚きの他に、ヽ(*`ω゚´#)ノ彡もぅ限界やね~ん!!!

映画としては感動のラスト結末に導くために
描かれたシーンだったかもしれません。

でも 結婚式逃走以外にも何か違うシーンが
考えられたはずだと思うんですね。

光正を結婚式場に一人置き去りにするような
冷たい木絵役をキャストとして演じさせられた
綾瀬はるかさんも かわいそうです。

せっかく 映画の序盤から高台家の人々の
面白味の妄想シーンで木絵役として綾瀬はるかさんの
評価が高かったのにイメージダウンになりかねない。

そんな木絵の結婚式逃走を
なぜ評価できない理由に上げたのか?

◆木絵の行動と人格を完全に否定しているから

映画での木絵の行動と比較できる5巻35章から
詳細にレビュー解説しますね。

木絵が漫画の中で光正と結婚式を挙げるのは5巻32章です。

結婚式当日の木絵は 極度の緊張と
不安を抱えながら花嫁の控室で
結婚式が始まるのを待っていました。

そんな木絵を励ましていたのは茂子。

茂子『右左 右左 右左と交互に足を出して
   みっちゃんの所まで行けば大丈夫だから』

木絵は茂子に言われた通り
右左 右左 と呟きながら

いつの間にか 光正の名前を呼んでいたんです。

そして実家のお父さんに導いてもらいながら
ゆっくりとバージンロードを歩いて
やっとの思いで光正のところにたどり着いたんです。

途中で、金太郎にそっくりな
由布子の従姉の長男のよしのり

よしのりが目の中に飛び込んで来て妄想。

式場にハプニングをまき散らして
みんなの前でやらかしてしまうんです。

けれど 最後は光正の目をずっと見つめて
心の中で光正に感謝の気持ちを呟きます。

木絵(私の愛する人はテレパス
   だから 片隅の私を見つけてくれた。
   今日から私は 高台家の人になります)

木絵は自分のことを
片隅だと表現してるんですよ。

どこまでも謙虚で光正に対する
思いやりに満ち溢れた木絵・・・。

木絵の人間としての人格
素晴らしい人格だと思いませんか?

もし結婚後 光正に何かあっても
木絵は自分を犠牲にして光正に尽くすでしょう。

それだけ木絵は 光正を慈しみ愛する気持ち
夫婦の情愛を持っていると思います。

そんな情愛に満ち溢れた木絵が
高台家の人々実写映画の中で光正を一人置き去り・・・。

結婚式から逃走して実家に帰ってるなんて
漫画の木絵からしたらあり得ないことです。

だから 映画のこのシーンは評価できないんです。

先に評価レビューさせて頂いた
木絵の脳内シャットアウト。

そして極めつけの結婚式逃走。

この二つのシーンでの木絵の言動と行動は
木絵の人格を傷つけてるといって過言ではありません。

高台家の人々漫画ファンの私としては
非常に残念でなりません。

実写化映画としては程遠くて
評価できないところなんですね。

原作漫画を読まれてない方は
ぜひ一度5巻35章をご覧になって下さいね。

木絵が光正と結婚して高台家の人になる5巻35章はこちら


スポンサードリンク





漫画での傑作場面木絵の花嫁修業が映画になかった

次に高台家の人々実写映画の中で
木絵の花嫁修業がなかったことについての
評価レビューさせて頂きますね。

まぁ~実際この場面は映画の中に描かれてなかったので
あくまでも 私自身が漫画の中で評価している場面。

ですから、この木絵の花嫁修業評価については
原作漫画を知ってる方でも賛否両論かもしれません。

でも木絵が由布子に課せられる
花嫁修業はホントに面白いです(笑)

映画の中のシーンに描かれていた
由布子が二人の結婚に反対する場面。

結婚を反対された後に
木絵と光正のかけおち妄想シーン。

大正ロマンを感じさせられる
かけおちの妄想の後にアンがロンドンから
高台家にやって来て由布子を説き伏せる場面と
一緒に映画のシーンとして描写してほしかったですね。

この漫画の場面では木絵のおとぼけ感と愛されキャラ。

めげずに花嫁修業に励む 木絵の精神力の強さも感じて
読んでいて勇気をもらえる見所満載の場面です。

漫画の中で木絵の過酷な花嫁修業が始まるのは3巻17章。

アンにやる気にさせられた由布子は
木絵を高台家に呼び出します。

由布子『私に光正との結婚を
    どうしても認めてほしいのなら
    あなたにチャンスをあげましょう』

由布子『高台家の嫁としてふさわしい女性になる為に
    厳しい修業に耐える根性がおありかしら?』

木絵(しゅ・・・修業・・・
   修業っていうとやっぱり・・・)

ここで木絵はお得意の妄想タイム。

この妄想シーンがとても面白いんです。

修業場所は中国の山奥。

カンフー着を着用した由布子が師匠。

木絵が弟子なんですが 二人とも
チンチクリンのデブなんですね。

まぁ~木絵は妄想の中で
漁師にも変身しますので
分かるとしても・・・。

あの怖い由布子が まさかのチビでデブ(笑)

空中に飛んで細い棒の上に乗り
木絵に修業の一環としてお手本を披露。

とても由布子のイメージから
想像がつかないところが面白くて
改めて木絵のお笑いセンスを感じさせてくれます。

一方で木絵の方はとゆーと・・・。

修業が終わり 浅野さんと一騎打ち!

北斗の拳のケンシロウとなった浅野さんに滅多打ち!

そのまま空中に飛んできますが
丸い体を利用して空中回転!

そのまま重いお尻で浅野さんを
押しつぶして勝利します(笑)

そんな木絵に由布子が一言!!

見事じゃ!!

よし 結婚してよし!!

その他にも見所があるんです。

木絵が由布子に連れられて
お茶のお稽古に行った時の出来事。

長時間正座していた木絵は
足がしびれ過ぎて立った瞬間・・・?

じ~~~~~ん

ど――ん

なんと 木絵は御家元を押しつぶしてしまいます。


呆れ果てた由布子が小言を連発!!


由布子『まったく!!
    こんな恥ずかしいこと
    ありません! 』

由布子『足がしびれて転ぶ人はたまにいるけど
    お家元をつぶした人は初めて見たわ』

この木絵の花嫁修業が描かれてるのが3巻17章です。

木絵がお家元をつぶした3巻17章はこちら

いかがでしょうか?

高台家の人々漫画のツボも人それぞれでしょうが
木絵の妄想シーンや失敗をやらかす場面として
私自身が大好きなシーンです。

想像してみて下さい?

あの 厳格な光正の母の由布子が木絵の妄想に登場(#^^#)

ずんぐりむっくりな姿で木絵にカンフーを教えたり
お家元をつぶした木絵に小言を連発する姿を。

ぜひ、映画のスクリーンで観たかったと思いませんか?

私としては実写映画ですごく観たかったし
高台家の人々の映画に由布子と木絵の
花嫁修業名場面が描かれてなかったことの
重要性を評価のマイナスポイントにさせてもらいました。

漫画で人気のヨシマサの活躍が映画に描かれてなかった

最後に映画で描かれずに評価できなかったポイント
ヨシマサの活躍場面についてレビューさせて頂きますね。

このヨシマサについての活躍場面も
木絵と由布子のの花嫁修業と一緒で
高台家の人々の映画の中のシーンで
スクリーンには登場しませんでした。

このヨシマサは和正がイギリスから帰国した時
高台家の家族として迎い入れた猫です。

このヨシマサは太った体が特徴の
ブリティッシュショートヘア。

最初、高台家の人々の漫画で
ヨシマサを見た時は少し違和感を
感じましたが 今ではすっかり
ヨシマサのことが大好きです。

高台家の人々漫画の実写化が決定された時
ヨシマサは映画公式ホームページにも
キャストとして立派に紹介されていたんです。

映画ではヨシマサの活躍場面を
どのように再現してくれるのだろう?

6月4日の映画公開初日の鑑賞前から
ワクワクしながら期待していたんですね。

映画の中で斉藤純(夏帆)が
高台家にヨシマサの往診に来た時
和正(間宮祥太朗)が 純に意地悪な
発言をする場面がスクリーンに流れてきた。

そろそろかなっ!(^^)!

と 思っていたんですが いつまで経っても
木絵の妄想にヨシマサが登場する気配もない。

ヨシマサはたまに ニャァ――と泣くだけ。

そのまま映画が完結しました。

結局、ヨシマサをキャストとして
PRしてたのは 何だったんだろう??

このヨシマサが漫画の中で
木絵の妄想にも登場せず
普通に和正のペットだったら
映画での評価も関係ありません。

高台家の人々に登場するヨシマサは
たかが猫じゃないんです。

木絵の妄想に登場して純に対する
長年の片想いを和正に気付かせる。

ヨシマサは4巻24章で二人の恋の
キューピット役となって貢献するんです。

また、その貢献の仕方が面白すぎる。

1巻5章では恋愛会議を開催して議長役。

4巻24章では 木絵の空想物語
長靴をはいた猫のヨシマサにも登場。

二回も木絵の妄想の中に出て来て
なんとか和正を素直な気持ちにさせて
二人を幸せにしようと健気で可愛い猫なんですね。

そんなヨシマサも高台家の人々の
読者ファンを楽しませてくれてる一人。

少なくとも私はそう思ってますし
映画の中で漫画のようにヨシマサが
活躍する場面を描いてくれてればと
鑑賞後の今はそう感じています。

だから 私の批評としての物差しは
ヨシマサの活躍シーンがなかったので
評価出来ない理由になってしまいました。

よろしければ一度 漫画でのヨシマサの
活躍場面をご覧になって下さいね。

今回は前回と違って 高台家の人々映画で
評価できない理由とそれに基づく
詳細なレビューをさせて頂きました。

あくまでも原作ファンの視点からのレビュー評価です。
ですから見解が違う方は気にしないで流して下さいネ。

ヨシマサが恋愛議長をする1巻5章ネタバレはこちら
長靴をはいた猫のヨシマサ4巻24章ネタバレはこちら

高台家の人々 映画 評判 評価できない口コミ感想は?

高台家の人々 映画 評判 評価できないネット上での口コミ感想は?

最後に高台家の人々映画を鑑賞した方などの
ネットでの評価や評判 口コミ感想を紹介します。

高台家の人々木絵ちゃんがみっちゃんを
あそこ迄苦しめるとは 到底思えないよ。

落ち込んでも あっけなく開き直って
シアワセな結婚式見たかったなーー


高台家の人々の感想書きました。
ベタなラブコメなんだけど、女性が軽く見られすぎ!
日本の女性はもっと立ち上がった方がいいと思う。マジで。


高台家の人々の映画はイマイチだった。
原作の面白さが半減して鬱陶しいラブストーリーになっていた。
ほんとガッカリ(╯•﹏•╰) 私は恋愛物が苦手なので余計そう思ったかもしれないが。


高台家の人々妄想シーンも良く出来てて、
塚っちゃんもとても良い味でてて、 良かったのに。

後半の木絵ちゃんの行動が原作の木絵ちゃんと
別の人のようで、とっても残念。 なんであんな大事にしちゃったの?


だいたい映画を鑑賞した方たちの
評価ができないところは・・・?

木絵の脳内シャットアウトに
結婚式の逃走シーンみたいですね。

その部分での評価は原作を愛読してますので共感できますね。

だからと言って高台家の人々の映画が
まるっきりダメな評価ではありません。

ちゃんと評価できるところも三つあります。

高台家の人々 映画 評判 評価できる三つの理由を解説レビュー!?

どんな映画でもすべてが評価できる
映画なんてないと思います。

ましてや人気原作漫画からの実写化は
ハードルがすごく高いと思います。

漫画ファンからすれば原作の名場面を
なんとしてもたくさん描いてほしい。

また映画監督や脚本家などの映画製作者の立場では
出来るだけオリジナルをたくさん取り入れたい。

そして感動場面から結末でのハッピーエンドで完結。

映画鑑賞者たちを満足させて成功したい。

このように両者たちにギャップが生まれてしまいます。

ですから高台家の人々の映画だけに限らず
実写化映画の成功は難しいんですね。

その辺は十分に理解できてるんだけど
せめてキャスティングだけでもちゃんとしてほしいです。

事務所の権力で決めるのではなく
原作に近い人物がいれば無名や新人俳優でも
オーディションに参加してもらって
正当な評価でキャストを決定してほしいですね。

高台家の人々 映画 評価 レビュー 実写化キャストについて批評?

かなり長文になりましたが
高台家の人々を鑑賞される予定の方に
少しでも参考になればと思います。

現在高台家の人々は月刊 You 2016 にて連載中です。

木絵の若奥様 奮闘記 You 36章 漫画 6巻 ネタバレ 感想はこちらから
You 37章 最新 漫画 6巻 ネタバレ 感想はこちらからご覧頂けます

最後まで読んで頂きありがとうございました。

高台家の人々映画に関するネタバレは
関連記事にまとめておきました。

【映画ネタバレ記事】
光正との出逢い 思いも寄らない両想いとは?
木絵のお粗末な英語と光正の浮気の真相?
由布子が結婚に大反対!光正と木絵が駆け落ち!?
光正のテレパス告白と木絵の心境の変化?
木絵の悲しい決断と驚愕の結婚式とは?
木絵がラスト結末に感動した2つの事とは?
高台家の人々ファンブログまとめページ



スポンサードリンク






nice!(0) 
共通テーマ:映画

nice! 0

高台家の人々 目次ページ.jpg
画像の説明文を入れてください
画像の説明文を入れてください
画像の説明文を入れてください
画像の説明文を入れてください
画像の説明文を入れてください
画像の説明文を入れてください
画像の説明文を入れてください
画像の説明文を入れてください
画像の説明文を入れてください
画像の説明文を入れてください

スポンサー広告

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。